担当者のつぶやき どこでもドアと小論文

こんにちは。担当者Uです。


突然ですが、「どこでもドア」ご存じですか?
先生、高校生問わず、たぶん多くの方がご存じですよね。


しかし、今日ご紹介するのは、某ロボットが持っているアレではありません。

以前にも取り上げた「駅のホームから線路への転落問題」に関連する「どこでもドア」です。
詳細は鉄道会社のウェブページをご参照ください。


以前に転落防止のためのドアはコストがかかる、と言いましたが、そのコストの一因として、「到着列車によってドアの数や位置が異なる」という問題もあったのですね。
それをこの「どこでもドア」は解決するようです。

椅子の向きを変える、という方法は非常に興味深いものでしたが、酔ったお客さんへの対応にとどまります。
線路に落下までしなくても、高速で移動する列車にすぐ触れることができてしまうホームの構造は、やはり危険であることに変わりはありません。

以下は「歩きスマホ」がテーマの小論文入試ですが、歩きスマホを原因として駅のホームや階段へ転落する、ということが問題視されています。


*****************
課題「歩きスマホ」スマートフォンの画面を見ながら歩く「歩きスマホ」で、駅のホームや階段から転落するなど、様々な事故が報告され、歩きスマホ防止を呼びかけるために規制を求める声も出始めた。ネット検索大手企業の調査では、延べ5万人のうち75%が「規制が必要」と回答している。「歩きスマホ」について、あなたの考えを書け。
(帝塚山大学・推薦)
*****************


スマホ利用者のマナー、という視点でなく、鉄道業者の取り組み、という視点であれば、今回のような取り組みは解決策のひとつとなり得るものです。
まだ実証実験の段階のようですが、有効活用される技術になるのか、楽しみですね。

担当者のつぶやき 飲み物と小論文

こんにちは。担当者Uです。

例によってごぶさたしております。
気づいたら暑い夏も終わり、秋も深まってきましたね。

この話、真夏の暑い頃のことなのですが、すっかりアップするのを忘れていました…。
今さらですがご紹介します。

先日、仕事のお供のドリンクに、これを使ってみました。

FullSizeRender

いえ、別に体調が悪いわけではありません。
自宅に緊急用として経口補水液を常備していたのですが、賞味期限が近づいてきたので、飲んでしまっているのです。

以前、熱を出して体調を崩したときに経口補水液を飲んだら、とてもおいしかった記憶がありました。
今回、健康な状態で飲んでみたら。


うーん、「薄いスポーツドリンク…」「ちょっとしょっぱい…」という感想しか抱けません。


摂取上の注意を読んでみると、

「医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲み下さい」

と書いてあるではありませんか!しまった、こういう飲み方をしてはいけないのか…。


もう少し調べてみると、経口補水液は他の飲料より多めに塩分が入っている(OS-1の500mlペットボトル1本あたり1.5g)ため、例えば高血圧の方などが普通の状態で飲むのは、少々問題あり、ということのようです。
だから「医師からの指示がないまま、安易に飲むなよ!」とクギを指しているのでしょう。
Uは高血圧ではなかったので一安心ですが、注意書きはよく読まないといけないですねー。反省。



ちなみに、入試ではこんな問題がありました。


************************
体内の体液量を維持する仕組みと脱水時の水分補給に関する解説文を読み、問1.尿量が1400mlの場合、1日に何mlの飲水量が必要か説明せよ。〔150字〕問2.体内の水分が減少した場合の体液量調節機構について要約せよ。〔250字〕問3.暑熱環境下で多量の発汗のために脱水症状を呈した。医師は脱水症改善を目的に、消費者庁許可「個別評価型病者用食品」の経口補水液を勧めた。この経口補水液は表1「各種飲料の組成」のA~Dのうちどれか。またその理由について説明せよ。〔200字〕
(宮城学院女子大学・学芸学部・食品栄養学科・推薦)
************************


これは文系のUにとっては難問です!
しかし、分野によってはこれだけ専門性の高い内容も求められる、ということですね。

小論文対策は、ただ文章の書き方を学ぶだけでなく、こうした周辺知識もつけておかなければなりません。
小論Netの上達への道入試情報ライブラリーも活用いただけたら幸いです!

担当者のつぶやき スポーツと地方と小論文

こんにちは。担当者Uです。


仕事は相変わらず忙しいのですが、このネタを書かないわけにはいきません!
(ブログ書くのも仕事なんですけどね…楽しいので、あまり仕事と思っていません)

広島東洋カープが、いよいよ優勝目前というところまで迫ってきました。
そのため、広島の街はなんだかざわついています。


昨日の朝、会社への通勤途中、ユニホーム姿で野球場へ向かおうとしている2人組を見ました。
朝から球場に並ぶのか、熱心だなぁ…と思っていたら、どうやら前日夜から並んでいた人がいたようです。
Uは生まれも育ちも広島ですが、「そこまで!?」とびっくりしました。


周囲の反応もさまざまです。
会社では、昨日の試合(しかも、広島の試合だけでなく、優勝決定にかかわる巨人-阪神戦)について、あちらこちらで話題があがっています。
ネットでは「広島のみなさん、すみません」と謝罪する阪神ファンのつぶやきが多数アップされたそうです。
UはTVの全国ニュースでカープの話題がトップに上がることに感動しました。
Uの知り合いは「優勝はうれしいですが、強いカープに戸惑ってもいます。売れるように長年応援していた人気のないアイドルが、本当に人気がでてしまったような寂しさが…」と言っていました(笑)


よく、広島の街は特別、とも言われるのですが、こうした地方のプロスポーツチームが地域に与える影響って、すごいなーと思うのでした。


…さて、そろそろ小論文の話に移ります!


カープ優勝ネタに関連して、下記のような記事がアップされていました。


カープ25年ぶりの優勝目前、この間広島はどう変わったか(DIAMOND ONLINE 2016年9月5日)


25年ぶりの優勝ということに合わせて、広島という街が25年でどう変遷してきたか、ということが解説されています。
「重厚長大産業の弱みに新しい価値を付加して強みに変えている」という湯崎知事の考察と、今後広島をどう魅力ある街にしていくかという構想は興味深いですね。
またそのことと、カープの最近の「弱みの克服に頑張ってきた」取り組みをつなげて考えている点もおもしろいと思います。

例えば以下のような入試問題の参考になりそうな気がします。


***************
■スポーツやレジャー、レクリエーションが、住みよい豊かな地域社会の生活づくりに、どのような役割を果たすか、あなたの考えを述べよ。
(東海大学・体育学部・一般)
■最近、「地方創生」が話題になり、地域資源を活用することにより地域活性化や地域創成を実践できる人材が必要とされている。これに関連して、あなたが住む地方や地域で問題になっている課題を5つまで挙げよ。そして、それらの中から、あなたが最も重要と考える課題を1つ選ぶとともに、選んだ理由をわかりやすく記述せよ。そして、地域資源(1つでも複数でもよい)を掲げて、どのような手段・方法でその改善に利活用できそうか、さらにその改善のためにあなたはどのような役割を果たしたいと考えるか、記述せよ。
(宮崎大学・地域資源創成学部・推薦)
***************


「地元に地方球団があるってうらやましいな」とつぶやいている人を見かけたことがあります。
本当にその通りだと思います。
私たちそれぞれの住む街を、どのように住みよい、楽しい、生きがいの持てる街にしていくか。
今後の社会の(つまり小論文の)重要なテーマになりそうですね。

担当者のつぶやき 鉄道と国際交流と小論文

こんにちは。担当者Uです。


現在、とある教材の企画立案中です。
立案のためにいろいろと調べながら企画を組み立てていくのは、楽しくもしんどい作業です。


何かインターネット上に役立つ情報はないものか…と思い、いろいろネット上を渡り歩いていると、とてもおもしろい記事を発見しました。


南武線で失くしたスマホが海外にあったワケ(2016/8/24 東洋経済ONLINE)


すごいですねー。こんなことが起こり得るんですねー。


この記事、小論文的にもいろいろな示唆を与えてくれます。

まず、日本の鉄道車両が海外で多く使われている、というのは国際交流のあり方として参考になります。
ただ車両を活用してもらう、というだけでなく、メンテナンスのノウハウまで伝授していく、というのも興味深いです。
日本の製品とノウハウが海外で役立てられる、というのは嬉しいことですよね。


それから、この記事の趣旨とはやや異なりますが、スマホを見つけたインドネシアの人が、SNSを使ってなくした本人に直接連絡がとれる、というのも驚きです。
情報・通信技術、ネットワークの進展により、こんなことも可能になったということです。


さらに、お互いの言語がわからなくても、「ネット上の自動翻訳サイトなどを駆使しコミュニケーション」がとれたというのですから…。
技術革新により、言葉の壁を少しだけ乗り越えやすくなった、と言えるでしょうね。

********************
◎国際協力とは、先進国が発展途上国を支援するものとして理解されることがある。問1.先進国による発展途上国への支援として具体的にはどのようなものがあるか。例をあげよ。問2.なぜ先進国は発展途上国を支援してきたのか。考えられる理由をあげよ。問3.発展途上国の状況を改善するために、先進国による資金や技術の支援以外に、どのような国際協力が考えられるか、考えを論じよ。
(津田塾大学・学芸学部・国際関係学科・AO)

◎スマートフォンが普及したことによって考えられる社会への影響について、あなた自身の考えを論述せよ。
(椙山女学園大・文化情報学部・推薦)
********************


例えばこんな入試問題もあります。
今回の記事だけで答えられる内容ではありませんが、少し参考になりそうです。

おもしろい、しかも前向きなニュースを見ると、なんだか元気になりますね!!
元気になったところで、Uは企画の続きをがんばるとします…。

また今の仕事に疲れたら興味深いニュースを発見したら、報告します!

担当者のつぶやき 「読書感想文のコツ」ご紹介

第一小論Net 担当者ブログをご覧の皆さま、こんにちは。Hです。


さて、いよいよ高校野球もオリンピックも開幕しましたね!
そうすると気になってくるのは夏休みの課題の進み具合ではないでしょうか?
なかでも、特に多くの生徒さんが苦手としており、ついつい後回しにしがちなのが「読書感想文」です。
まだ本も読んでいないし、何からどう書いてよいのか…。

そのようなときのお役立ち教材として、コンビニで気軽に買える「読書感想文のコツ」をご紹介いたします!


このブログの愛読者様はご存知かもしれませんが、ファミリーマートのマルチコピー機には、学習教材などが購入できる「ファミマプリント」というサービスがあります。
実はここで、第一学習社から「読書感想文のコツ教えます」というプリント教材を販売しているのです(B4・3枚・120円)。


このプリントには、読書感想文の「書き方の手順」のほか、「読書感想文でやってはいけない4つのこと」や具体的な感想文例とその解説など、今まさに知りたい情報が満載です。
このプリントは、実は大阪府内の高等学校国語科の先生に作成いただいており、生徒の皆さんが「つまづきやすい」ポイントの説明がたくさん盛り込まれています。


ついついやってしまいがちな「あらすじをたくさん写して、少しだけコメントを書いて…」という書くのも読むのも辛い読書感想文を、今年はレベルアップさせてみませんか?


興味を持った人は、ぜひ以下の「ファミマプリント」のサイトをご覧ください。第一学習社の「大学入試AO・推薦対策文章講座」から見つけてくださいね。
なお、「読書感想文のコツ」以外に、「志望理由書のコツ」「自己推薦書のコツ」「小論文のコツ」も好評発売中です!


http://fp.famima.com/

担当者のつぶやき 外国語と小論文

こんにちは。担当者Uです。


今日は看板の話題から。


先日、近所を車で運転していると、道路工事を行っていました。
と、ここまではよくあることなのですが、その注意書きの看板がすごかったのです。
こちらです↓


IMG_0289


最近、英語や中国語、韓国語の案内はよく見かけるようになりましたが、フランス語・ロシア語・ドイツ語まで!!
片側通行のため停車中だったので、つい写真まで撮ってしまいました。
いやー、日本も国際化したものです。


Uが住む広島は「宮島」と「原爆ドーム」の、ふたつの世界遺産を抱えています。
そのためか、外国人観光客も多くいます(先日はオバマ大統領も来ましたし…あ、いや、あれは観光ではないか…)。


興味深いのは、広島に来る外国人には特徴がある、ということです。
日本全国で見ると、中国(香港を含む)、台湾、韓国からの旅行者さんが多いのですが、広島は欧米やオーストラリアからの旅行者さんが多いそうです。

こちらでわかりやすく紹介されています。


海外からの観光客をいかに増やすか、という観点でみると、こうした傾向をとらえておくことは重要ですよね。
海外からの観光客が増えることによって、日本という国、日本の文化を知ってもらう機会が増えます。
また、観光地にお客さんが増えれば、単純に観光地の収入が増えます。


今日本では積極的に外国人観光客の誘致を進めており、実際にその数は着実に増えています。

それに関連した入試問題もあります。


************************
日本に暮らすイギリス人である筆者が日本の観光の実態について指摘した『新・観光立国論』(デービッド・アトキンソン)を読み、観光立国に向けてこれからさらに増加するであろう外国人観光客を、日本人はどのように迎えたらよいだろうか。筆者の指摘を踏まえた上で、自分のこれまでの経験や具体的な事例なども含めて、自分の考えを述べよ。
(埼玉大学・経済学部・一般前期)

観光は日本の大事な産業であると同時に、日本の人々が世界のさまざまな文化や風習に触れる機会にもなる。しかし、日本を訪れる外国人旅行者数は、アジアでも決して上位ではない。これからも外国人観光客をひきつけ、繰り返し訪れてもらうために、日本の社会はどのような取り組みをしていけばよいだろうか。あなたの考えを論述せよ。
(大妻女子大学・文学部・一般)
************************

などなど。


Uが道で見かけた道路標識も観光客誘致の役に立つでしょうか。
いや、それはまた別の問題でしょう。
この写真は観光地とは全く別の、普通の幹線道路で撮影したものです。
観光客が自分の車でこんな場所を運転することはまずないはず…。
旅行ではなく、日本で一定期間生活している外国人のため、と考えるべきでしょうね。

担当者のつぶやき 高校生来訪

こんにちは。担当者Uです。


最近忙しくて、なかなか更新できず、申し訳ございません。
…と、いつも言っている気がします。
添削をして、入試を分析して、そして教材も作って、とさまざまな仕事をしていると、あっという間に日々が過ぎていくのです。本当です。

おかげでUの机の上もかなり散らかって…いや、これは忙しさを理由にしてはいけないのですが。


ところで、先日は私たちの会社に、高校生のみなさんがやってきました。
近隣の高校が、学校のイベントとして会社見学を行っているそうなのです。
たぶん、高校生は「会社」のビルに入って緊張していただろうなー、と思いますが、実はUたちもけっこう緊張してしまいました。
仕事柄、高校生や学校の先生と接する機会は多いはずですが、いざ会社に来られると、「きちんと対応できているかな?」「気分を害していないかな?」「ヘンな会社だなー、なんて思われてないかな?」などと、いろいろ気になってしまいました。


私たちの仕事内容などをお話して、それを「ふむふむ」と聞いてメモをとる高校生のみなさん。
なんだか微笑ましいです。しっかり勉強してください!

そして、学校に持ち帰り、レポートを作るのでしょうか。いろいろと社内の様子を写真に収めていました。


その間、Uは急な対応に追われ、一度席を離れ、5分ぐらいで自分の机に戻ってきたのですが。
「へー、これがサラリーマンのデスクかぁ!」と言わんばかりに、Uの机の写真を撮る高校生が!

ものすごく汚い雑然とした机を写真に撮られてしまいました…。

Uは入口に近いところに座っているので、格好の標的被写体だったのでしょう。
あぁ~、社会人として恥ずかしい…。誰にも公開しないでほしい…。

担当者のつぶやき ファミマで買えるプリント教材のご案内

第一小論Net 担当者ブログをご覧の皆さま、こんにちは。

久々に登場のHと申します。


受験生のみなさんは、そろそろAO・推薦入試のことが気になってくる頃でしょうか?
そこで、以前このブログで紹介した「コンビニで購入できるプリント教材」について、改めてお伝えしたいと思います。


突然ですが、みなさんはコンビニのコピーを利用したことがありますか?お友だちのノートや学校からのプリント類などのコピーでよく使う!という人も多いかもしれません。


最近の「マルチコピー機」はコピーだけではなくFAXや写真プリントなどさまざまなことができるようになりましたが、ここで小論文の教材も購入できる、と言ったら驚くでしょうか?


ファミリーマートには「ファミマプリント」というサービスがあり、この「マルチコピー機」を使ってさまざまな学習プリントを購入することができます。実はここで、第一学習社から「大学入試AO・推薦対策文章講座」として4種のプリントを販売しています!


ファミマプリントで販売しているのは

「読書感想文のコツ教えます」…(B4・3枚・120円)
「自己推薦書のコツ教えます」…(B4・2枚・80円)
「志望理由書のコツ教えます」…(B4・3枚・120円)
「小論文のコツ教えます」…(B4・3枚・120円)

の4種です。

1枚40円という低価格で、「ここだけは押さえたい!」というポイントを確認できるプリントです。


このプリントは、実は大阪府内の高等学校国語科の先生に作成いただいており、生徒の皆さんが「つまづきやすい」ポイントの説明がたくさん盛り込まれています。


みなさん一度は、「どう書けばいいのだろう?」と書き方で迷ったことがあるものばかりではないでしょうか?
興味を持った人は、ぜひ以下の「ファミマプリント」のサイトをご覧ください。


ファミマプリント「大学入試AO・推薦対策文章講座」


※ファミマプリントのトップページはこちらです。